ガイドラインのED定義と医薬品会社の薬の有効性

EDはよく勃起が全く行らない状態を指すと考えられることがありますが、ガイドラインでは満足な性交を行うことができない状態と定義されています。したがって、勃起をする場合でも中折れをしてしまうことがあったり、満足のできる硬さにならないといった症状もEDに該当します。そしてそのような症状を含めると世の中にEDに悩む方は大勢おり、決して珍しい症状ではないと言えるでしょう。
EDになったとしても治療をすることが可能ですが、対処方法としては医薬品会社から提供される薬を利用するのがポピュラーです。
有名な薬としてはバイアグラが挙げられますが、今や世界的に利用されているメジャーな薬であり、EDに悩む男性を救ってきた数々の実績がある頼れる存在として扱われています。なお、今ではバイアグラ以外にもレビトラやシアリスといった治療薬も登場していますし、ジェネリック品に関しても数を増しています。ジェネリック品ですと安価に購入することができますので、より身近な治療薬と言えるでしょう。また、ジェネリック品に限らず個人輸入という方法で治療薬を手に入れることもできる為、治療薬によるED対策をしようと思えば簡単にできる環境が整っています。
EDの治療方法はバイアグラなどのような飲み薬によるものだけではありません。例えばICI治療がありますが、これは陰部に注射を打って強制的に勃起をさせるというものです。治療薬ですと強制的に勃起をさせることはできませんが、ICI治療ですと強制的に陰茎に作用しますので、より強力な効果を実感することができるはずです。
その他にも外科的な手術による治療や心理的なことが原因になっているのならば心理療法が取られることもあります。

EDは男性にとってはショックなことです。けど、EDだからといって悩む必要はありません!今ではバイアグラなどの薬を服用することで解決できます。また、服用薬が効かない方はICI治療というのもありますので、医師に相談してみるといいでしょう。

ページの先頭へ戻る