EDの特徴と治療薬の比較、血管拡張作用について

EDは勃起不全や勃起障害と言う症状で、EDの症状が起きる事で性行為が不可能になりやすくなると言ったデメリットが在ります。
勃起と言うのは、性的な刺激を受ける事で、目から入る情報や身体から感じる情報が脳に伝わり、陰茎海綿体を大きく膨らませて、そこに血液を溜める事で大きく、そして硬くなり、性行為を可能にすると言ったメカニズムが在ります。

しかし、EDの症状を持つ人は、勃起の状態にならないケースと、勃起はするが射精する前に元の状態に戻ると言う2つのケースが在ります。
性行為が不可能になることで、小作りなどにも悪影響を及ぼすなどの理由からも、治療を受ける人も少なく在りませんが、治療に使われるのがED治療薬で在り、バイアグラやレビトラと言った医薬品が有名です。

尚、これらの医薬品以外にも色々な治療薬が在り、比較をすることも大切です。
病院で処方される治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスと言った医薬品で、これらの医薬品は血管を拡張させる作用が在るのが特徴です。

また、医薬品毎に服用するタイミングが異なるのも特徴で、バイアグラの場合は性行為の1時間前で、空腹時であれば30分ほどで効果を期待出来るようになり、レビトラも性行為の1時間前、空腹時であれば20分と、バイアグラよりも即効性が在ると言った特徴が在ります。

尚、作用の持続時間は、バイアグラであれば5時間前後、レビトラの場合は容量により異なり、10mgであれば5時間前後、20mgであれば10時間前後と言われています。

ED治療薬を服用した場合、血管を拡張させる作用が在りますが、性的興奮を得る事で血管を拡張させて陰茎海綿体への血流を高める効果を期待する事が出来ると言った特徴が在ります。

EDは男性にとってはショックなことです。けど、EDだからといって悩む必要はありません!今ではバイアグラなどの薬を服用することで解決できます。また、服用薬が効かない方はICI治療というのもありますので、医師に相談してみるといいでしょう。

ページの先頭へ戻る